about us

Kollëre コレリ 【セネガルのウォロフ語で長く一緒にいる人、幼なじみという意味】

カフェでは、心と身体が健やかになるような「たべもの」や「リラクゼーション」、また旅をしている時に味わえる日常とはかけ離れたような「空間」を提供することで、お客様に笑顔になっていただきたいというのがコンセプトです。
神戸にある小さなお店は、古民家を手仕事で改装したアフリカンリラクゼーションをテーマにした空間です。

Kollëre/Blue Gingerは、アフリカの自然由来のオーガニック製品を環境保護や地元民への利益の還元をしながら製造している団体や会社から直接購入しています。雑貨も取り扱っています。

2005年に開催された愛地球博アフリカ共同館(ザンビア・ジンバブエ)で働いたこと、その後、西アフリカのセネガルにJICAボランティアと仕事で約3年滞在した経験により、とても縁の深いアフリカと日本との”unit”というテーマでも現地のやる気のある女性たちと相互利益となるようなコトを全くの営利目的で行っていきたいです。

“Kollëre” means “someone staying with for a long time” or  “a friend from childfood” in Wolof language in Senegal.

Who?

Our concept is to provide healthy “foods” , “relaxation”, or ” space” where you can feel yourself away from normal life like the relaxing time when you travel, and make people smile.
Our objective is to cooporate with local women’s groups in Africa by conducting some projects themed on “unit” which aims at the mutual benefits between Japan and Africa as a business.

What?

Cafe Kollëre is a small cafe in use of manually renovated old Japanese-styled house in Kobe themed on African relaxation.
Kollëre imports the products directly from NGOs/companies who produce with environment friendly operation in their own production site as well as returning the benefits to local people.